2018年07月12日

LCT PKP

ようやくLCT PKPが我が家にやって来ました。去年の年末には手に入るんじゃないかとブログにまだかと記事にしましたが、結局予想通りに夏になりましたね、待ちに待っただけあって、期待以上の製品が来たので非常に満足しています。

このLCT PKPはNoobArmsさんの最速入荷に合わせてブログでは最速かと(笑)



とにかく箱がデカイ、160サイズの宅急便には収まらずヤマト便での発送になりました。



LCT RPDやLCT LC3 みたいにカパっと前に開かずに横から引き出す感じで開梱にはかなり場所が必要です。



内容ブツはこんな感じでRPDと同じでウレタンにしっかり保護されてます。



やはりカッコ良いですね!まんま入ってますのでデカイくて狭い部屋だと緩衝材が邪魔です。



お決まりのプレートです。LC3はトリガーに付いててカラコン本体に当たってましたが、しっかりビニールに入って保護されてます。PKPの絵が描かれてます。



配線はA&K PKMみたいに控えめでは無くFETユニット丸出しなので、しっかりダミーカートのベルトリンクで隠さないといけませんね



バイポッドは本体に傷がつかない様プチプチで保護してますね、LCTの気遣いが感じられます。KSCのAKみたいに跡が残る気遣いとは大違いです。



弾薬ケースはA&Kと似ていて、LCTのほうが細部の作りがシャープです。ただリアルなのは造りが甘いA&Kかなって感じです。A&Kの弾薬ケースもLCT PKPにマウント可能です。ただコネクターが違うので使えるのかは不明です。



内部はA&Kと微妙に異なります。LCTのほうが仕切りがあり装弾数は多少変わると思います。



弾薬ケースのカバーを押さえるレバーです。




全景撮るとやはり下敷きになってるガンケースからはみ出るくらいデカイです。A&K PKMから比べるとオールスチール製なのかヘビーバレルなのか剛性感が物凄くある感じがします。



取り敢えず気になった個所が光学マウントベースにあるレバーです。いったい何なのか?



答えは簡単でレシーバーカバーを開ける時に光学機器が邪魔になるのでレバーでロックを外して光学機器を横にマウントベースごとづらす為です。



TOPカバーを開けるとメカボが \コンニチワ/ です。



TOPカバーの裏はRPDと同じでリアルに造られて手抜きはありません



フィールドトレイ?はRPDみたいにメカボで邪魔されないのでダミーカートのベルトリンクは加工無しで装置出来ます。



リアサイトはAKのを逆につけた様な感じです。



フロントサイトはAKに似た感じでハイダーはヘビーバレルの為かかなり大口径です。バイポッドが下に装着しています。



バレルの交換性が悪いのを補う為に、バレルには冷却用のフィンをつけバレルの寿命を持たす工夫がされてます。ルイス軽機関銃の冷却装置のアイデアを生かした様です。



給弾口のカバーです。



配線はこの様に外せますので、飾る時など有り難いです。




コッキングレバーはテンションが全くありませんが実銃もコッキングしたら手で戻してる動画がありましたので、レバー自体はスプリング等でリターンしない構造なのでしょう




セレクターはRPDと反対側で反時計回りに反転させて操作します。私的にはRPDよりやり易いです。



廃莢口のカバーを開けるとメカボの底部しか見えません



グリップはAKと同じ様ですがモーターが入って無いです。




ストックエンドのショルダー部分の肩に当てる部分(名前が解りません)



上部にはオイラーが有ります。

さらっと気になった部分だけブログにあげました。実撃性能とかメカボのカスタムなどは私の専門外なので他の方が丁寧にアップするのをお待ち下さい、取り敢えず念願のLCT PKPを手にしたので、ようやく枕を高くして寝られます(笑)

7/13 追記



弾薬ケースの比較

上がA&K 下がLCT. 上からみる感じは両者同じです。



ストラップの取付が異なります。



底面に巻きとり用のスイッチがあります。A&Kはスライド式に対してLCTはボタン式のスイッチです。筐体の形状も異なります。



蓋の固定レバーはほぼ同じですね



内部は仕切りなどかなり異なりますがモーターの位置などは同じです。A&Kは少し底上げしてます。



給弾部分は変わらないので両者使えるかもしれませんね、故障するのが怖いので試してませんが



A&Kのコネクターです。三極の専用のコネクターを使用しています。



LCTのコネクターは一般的なミニコネクターですね、

両者一見同じに見えますが、やはりメーカーが違うので異なります。両者互いに銃への装着は可能ですがバッテリーのコネクターが違うので、そのままでは使用できません、それぞれ専用の設計してるので、やはり使用はそれぞれそのメーカーの弾薬ケースを使用したほうが良いと思います。












同じカテゴリー(LCT PKP)の記事画像
LCT PKPは2018年の6月後半頃に発売されますね!
同じカテゴリー(LCT PKP)の記事
 LCT PKPは2018年の6月後半頃に発売されますね! (2017-10-08 13:09)

Posted by ねもさん  at 22:22 │LCT PKP